読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲームニッチ

ゲーム探索

直感的な操作と作戦で敵を倒すガンシューティングゲーム『12 Is Better Than 6』

概要・ストーリー

2015年11月20日にSteam発売された、見下ろし型ガンシューティングゲームです。タイトル画面の主人公の姿からも分かるように西部劇をモチーフにされています。ショットガン、ライフル、ピストル、ナイフなどの武器を用いて敵を排除していくのですが敵は銃声に反応するため場面によってはうかつに引き金を引くことができない場面が多々あります。そのためただ単純に敵を銃でKILLするだけではなくステルス性の高いゲームとなっています。

システム

最初はチュートリアルステージから始まりますが操作は移動するための十字キー、左クリックで照準を絞った後右クリックで撃ちます。Qキーで銃とナイフの切り替え、Shiftキーで遠くを見る、Rキーでリロード、Fキーで所持しているダイナマイトを放つことができます。

冒頭でも説明しましたが敵は銃声を聞きつけワラワラと集まってきてしまうため、隠れながら進めるステージでは基本的にナイフを使用して静かに敵を排除していきます。ステージ中には寝ている敵もいるためそのような敵には特に有効になります。

狭い部屋で密集されている場合はダイナマイトを放り込みます。残っている敵は音を聞きつけ、駆け付けてくるため爆発したあとの銃撃戦は覚悟しなければならないです。

ちなみにダイナマイトはステージ中に配置されているときがあるので見つけたら有効利用すると戦闘が楽になると思います。

まとめ

敵も簡単に倒すことができますがその反面プレイヤーも簡単にやられてしまいます。どういった手順で敵を倒していくか作戦をあらかじめ考えておかないとクリアすることが難しいステージもあります。また日本語版が存在しないためストーリーを理解することが難しいかもしれません。しかしながら、直感的な操作と一つのミスが命取りとなる緊張感はこのゲーム醍醐味だと思います。ちなみに私が操作した中で使いやすかった武器はライフルです。敵の銃撃範囲外からうまく当てれば倒すことが可能なのでどうしても戦わなければならない場合は重宝します。

ストアページ