読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲームニッチ

ゲーム探索

不思議な世界観のクリックアドベンチャーゲーム『Botanicula』

Steam アドベンチャー クリック

概要・ストーリー

2012年5月8日にSteamで発売された、クリックアドベンチャーゲームです。大きな樹の上に作られた世界に、黒い謎の怪物が突如襲いかかってくるところから始まり、その怪物から樹の上の世界において大切なものだと思われる種を守るため、木の実のような形をした5人の主人公が旅をします。本作でなんといっても特徴的なのは、穏やかで温かみのある世界観であり、さらにストーリー上で一切セリフをしゃべることはないのですが、そうであるにも関わらずキャラクタたちの動きを見ているだけで、何をしたがっているのかうまく伝わってきます。(このゲーム特有の未知の言語でしゃべる場面はありますが、字幕は出ません。)

システム

クリックアドベンチャーなので操作はいたって簡単。先に進むうえで障害がたびたび立ちふさがってくるので、それを退けるためのアイテム集めなどをしていきます。

上の写真は、開始直後に出会うことになる大きな岩。この先に進みたいのですが、この岩を動かすためには羽があと3枚必要です。それらを集めるのが、ここでの目的となります。上記のとおりこのゲームにはセリフがないので、このときに岩を動かせなどと言葉による説明は一切ありません。その代わり、岩の穴が空いた部分に矢印や羽のシルエットが出るので、これを見て羽を集めたらいいのだなと理解できるでしょう。

岩がある場所からいったん後ろに戻り、羽集めにでかけます。道中は徹底して樹の世界が広がっています。目標物だけクリックできるかと思いきや、そこらに生えている葉っぱにカーソルを合わせたら揺れ動いたり、下に見える謎のトゲを何度もクリックしてみたら虫が飛び出して、ストーリー進行には関係ない実績のための隠しアイテムをくれたりと、細かなところにも演出が満載です。

羽のあるところまでたどりつきましたが一つ目の怪物が道を阻んでおり、通してくれません。ここは、主人公たちの個々の力を使って、この状況を切り抜けることになります。

試しに、いつも先頭を歩いている背の低いどんぐりのようなキャラクタをクリックしてみると、なぜか怪物の目の前で発光しました。しかし、怪物たちは全くひるまず、そのあと蹴り飛ばされてしまいます。

今度は、いつも後ろに立っている木の枝のようなキャラクタを選びます。すると、なんと下から回り込んで怪物の背後に気づかれず移動することができました。そしてそのまま羽を持ち帰り、ここでの目標は達成です。

その後、各地を回って羽が全て集まり、岩に羽を取り付けると羽が動き出し、岩を浮かせて道を開けることができました。これで先に進めます。

このように、仲間とともに協力して、樹の上の世界を探検していくことになります。

まとめ

セリフが一切なくても状況が把握しやすく、近年のゲームに多い激しい演出ばかりのゲームでもないため、どんな年齢層のゲーマーにもおすすめしやすいゲームに仕上がっていると思います。キャラクタの移動も駆け足なので操作にもたつくということはなく、プレイするうえでのストレスも少ないでしょう。また、一見見落としがちな細かな演出や、大量の隠し要素があちこちに存在するため、綿密に作り込まれたクリックアドベンチャーの傑作と言えるでしょう。

ストアページ