読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲームニッチ

ゲーム探索

いったいナニをゴソゴソしている!?『What's under your blanket !?』

概要・ストーリー

2016年1月6日にSteamで発売された、マウスだけで遊べるゲームです。ゲームのルールはというと、画面を見ればだいたい察しが付く人もいるかと思いますが、パンツ一丁の主人公が布団にこもってナニかをゴソゴソするのが目的です。ときおり主人公の家族がなぜか自室を見回りに来るので、その監視の目をかいくぐりながらゴソゴソし続けなければいけません。ところで、ナニをゴソゴソしているのかと言われたら、それは神のみぞ知る…

システム

操作方法は至って簡単。布団にこもっている主人公をマウスでひたすら連打することでゴソゴソさせることができます。ゴソゴソしているうちに画面下のメータが溜まっていくので、それを満タンにすることでステージクリアとなります。ゴソゴソを中断させることなくクリック連打を続けていると、倍率がどんどん上がっていきメータも溜まりやすくなります。各ステージごとに制限時間があるため、いかに倍率を上げられるかがカギとなります。

ただ、これではひたすらクリック連打するだけのゲームに見えてしまいますが、実際はそんなことありません。様々な障害が待ち受けています。 主人公の居る部屋にはときおり、他人が扉をノックしてきたのちに入ってきます。それでも構わずゴソゴソを続けて、布団が盛り上がっているのを見られてしまうと、悲鳴が上がってゲームオーバーとなります。 よってプレイヤーは、他人の立ち入りを常に警戒しつつ、メータを伸ばしていかなければいけません。しかしゆっくり連打していては、いつまでも倍率が上がらずに目標まで到達できないので、常にノックの音に警戒しつつ、聞こえてきたらおとなしく連打を止めるか、それともギリギリまで粘るかというか駆け引きが発生するかもしれません。なお、彼らは失礼にも扉を開けたまま出ていくので、布団から出てちゃんと閉める必要があります。開けっ放しではさすがにゴソゴソできません。移動するにはWASDキーを使います。

また、部屋に立ち入ってくるのは素直にノックしてくる人間だけにあらず、猫などが唐突に乱入してくることもあります。そういう相手にはゴソゴソを見られてもゲームオーバーにならないのですが、部屋の中を素早く駆け回ります。奴らがいる限りゴソゴソを再開できないので、布団の外をクリックして布団から抜け出し、走り回る相手に近づいてクリックして捕まえる必要があります。捕獲に手間取っていると制限時間を過ぎてしまうので、早く捕獲するためのテクニックも必要になります。

また、隙あらばとにかく連打するのが良いのかと言われたらそうでもなく、倍率が5まで上がったときにあまりにも連打してしまうと、なぜか火事になってしまったり警察が乱入してきたりで、ゲームオーバーになってしまいます。よって、高倍率になったときには連打ペースを落としつつ、倍率が1に戻らないよう維持していくことになります。

まとめ

まず、布団の中でゴソゴソする行為をゲームにするという発想自体がとんでもないのですが、ただの一発ネタでは終わらず、連打ペースの維持や部外者への警戒も必要になるなど、単純に見えて意外に奥深いゲーム性だったりします。 また、ステージ数そのものは少なく早く終わってしまうのは安い価格相応なのですが、ステージごとのシチュエーションが凝っており、定番の自室はもちろん、トレーニングジムだったり、挙句の果てには病院だったり、そんなとこでやるのかとツッコミを入れたくなること間違いなし。 ただ、とにかく連打が必要なゲームなので、腕が痛くなることも間違いなし。実際にゴソゴソしたあとと似ているかもしれませんね。マウスのボタンも壊れないかちょっと心配。 価格が安いので手を出しやすく、笑えるゲームが気軽にやりたいときにおすすめです。

ストアページ